米子自動車学校感謝祭に欧州クラシックカーを展示します。


by Eurocar-meet

アルピーヌ・A110<フランス>

続いての参加予定車輌は アルピーヌ・A110 1600S 1973年式 生産国フランス!

1968年にデビューしたA110シリーズは ルノーR8をベースにし
A108のボディ後半部のデザインを変更し より洗練されたデザインが特徴である。

e0167799_8302825.jpg

エンジンやサスペンションに R8の新機構が採用され ブレーキが4輪ディスクに
リアのスウィングアクスルに 位置決めのセミトレーリングアームが加わり
操縦性が格段に向上し それらの改良により戦闘力がアップされ
その後の 70年代初頭に於けるWRCラリーでの大活躍へと繋がっていく。

参加していただく車は 画像が入手出来なかったため イメージ映像です(笑)

はるばる山陽側から参加いただくオーナーは・・




A110の中でも戦闘力の高い 1600Sをベースに
1971年モンテカルロラリーで優勝したA110を再現すべく
カッティングシートやらステッカーチューンが施してあるとか。
e0167799_8304993.jpg
e0167799_8305714.jpg

これが 当時の1971年モンテ優勝車のA110!
白黒で判り辛い方は 以下のカラー写真を参照下さい。
e0167799_831658.jpg
e0167799_8311541.jpg
e0167799_831215.jpg

ため息が出るような 美しく艶かしい曲線のベルリネッタ・ボディに
ナイトステージでのラリーで必須の灯火類がこの車にはとっても似合ってますね。
時代考証に忠実なステッカー類も ヤル気を感じさせます。

e0167799_8313041.jpg

当時のラリーそのものなのか 復刻版ラリーなのか 判別できませんが
A110に ランチアストラトスに BMW2002に フォードやら ミニやら
何でもあり~の 百花繚乱の時代ですね。
RRやらMRやらFRやらFFやら 色々な技術や駆動方式が お国柄を反映され 試されていた
勝つためのセオリーが出来上がる前の時代で とっても面白かったんだと思います。

そんな美しくも楽しいラリーの黎明期を 今に伝えるA110に 貴方もイベントで会いに来ませんか?
[PR]
by Eurocar-meet | 2009-04-04 08:53 | 参加予定車輌紹介