米子自動車学校感謝祭に欧州クラシックカーを展示します。


by Eurocar-meet

アルファロメオ・スパイダー・クワドリフォリオSr.4<イタリア>

次の参加予定車輌も アルファロメオ・スパイダー・クワドリフォリオ 1991年式? 生産国イタリア!
e0167799_923076.jpg

前回お伝えしたシリーズ3と クワドリフォリオという名前は同じですが
1989年にデビューした このマイナーチェンジ版は・・

 




キャブからインジェクションへ変更され パワーステアリングも装備され
さらにはATまでモデルにラインナップされるという 大掛かりなマイナーチェンジのため
区別する意味で シリーズ4と呼ばれています。

生産年は1989年~1993年ですが 車のデビューが1989年なのと
せっかくのアルファ・スパイダーがシリーズ1・2・3・4と 勢揃いしそうなので(笑)
主催者が認めた車輌といたします。

格式ばった集まりでもないので この年式制限で躊躇されてる方は 問い合わせてみて下さい。
元のデビューが1989年式より古い 旧ミニ 旧パンダ FRボルボ サーブ900・9000シリーズ
とかも 微妙なとこなので 台数に余裕があればエントリー可能としますので
まずは申し込んでみて下さいますようお願いします。 
 
シリーズ3では 後付感が強かった前後のスポイラーも スッキリとした形状に改められ
e0167799_924563.jpg

リアエンドは 往年のスパイダーの面影が帰って来ました。
当時バブルで売れに売れたアルファのフラッグシップ
164のイメージを引き継ぐ 横長のテールランプがボディ一体感を高めます。

e0167799_9431937.jpg

そして サイドから見た印象も 伸びやかさが戻ってきて かなりまとまりが出て来ました。
ホイールが素っ気無いのは ご愛嬌としても・・

e0167799_928875.jpg

しかし 何と言っても このシリーズ4の売りは内装ではないでしょうか。

バブル時代に一気に普及したレザーシートをタン革で誂え ゴージャスな雰囲気でまとめあげ
オープンという飛び道具を備えた 究極のデートカーにもなったのでした。
アルファ初心者でも扱いやすい インジェクションにパワステ さらに望めばATまで!
そういった軟派路線から入った人や
ユーノス・ロードスターでオープンに目覚めた人が さらなる1歩で踏み出すのに
おあつらえ向きの車だったこともあり
走りとオープンの楽しさに目覚めた硬派路線の人も取り込んで
けっこうな台数が売れたんだと推察します。

しかしながら 構えず乗れて手軽に楽しめる気安さながら
乗れば本格アルファの60年代をオブラートで包みながらも残した味わいがあり
本格クラシックで 濃密な週末を過ごすのも それはそれで奥深い趣味でしょうが
ネオクラシックを足とし 日々の暮らしをちょっと味わい深く楽しむ といった生活もアリなんだ
と夢想させてくれる1台でもあります。

週末グルマとしても十分な シリーズ4ですが
日常の足にも成り得る タフネスさイージーさを備えてる気がします。

e0167799_947182.jpg

イベント当日は この画像に写っているシリーズ1・3・4に シリーズ2が加わり
アルファ・スパイダーの変遷が 間近に見れる またと無いチャンスですので
オープン大好きな貴方も いつかはスパイダーと夢見る貴方も 覗きに来られてはいかがですか?
[PR]
by Eurocar-meet | 2009-02-28 09:50 | 参加予定車輌紹介