米子自動車学校感謝祭に欧州クラシックカーを展示します。


by Eurocar-meet

アルファロメオ・2000スパイダー・ヴェローチェ<イタリア>

続いての参加予定車輌も アルファロメオ・2000スパイダー・ヴェローチェ
1975年式 生産国イタリア!
e0167799_2319848.jpg

一昨年秋にレストアから上がったばかり! という31番さんの愛車です。
ボディは その時塗りなおした とかで正にピカピカの状態。
トランク奥の日焼けしてない元色を探し出すほどの拘りの板金塗装屋さんに 塗ってもらったそうです。

あえて アルファロメオ スパイダー シリーズ2!に拘ったその訳は・・




ボートテールのなだらかな曲線が売りのシリーズ1(通称デュエット)とは対照的な
e0167799_23195861.jpg

この ストンと切り落としたリアが さっぱりしていて非常にスッキリなのが
オーナーには堪らなく魅力的なようで 人の好みは千差万別であることが分かります。

e0167799_2320939.jpg

でも 21世紀も10年が過ぎようとした今 改めてこうして見ると
シリーズ2の70年代的素っ気無さが スッピンの美学とでも申しましょうか
非常にいい味わいに見えて来るのも 時を越えて愛される時空を超越したデザインが成されてるから!
なのでしょう。

ひと昔前なら デュエットボディのシリーズ1が珍重されてましたが
実は その狭間で鉄板の質のせいや 実用でもガンガン使われたシリーズ2は
程度の良いものが余り残っておらず
逆に今や貴重さでは 逆転現象が起きてるのかも?と思われる状況です。

ぜひ 大切にしていただきたいものです。

e0167799_2320197.jpg

この70年代的男の仕事場らしく 黒でまとめられたコックピットに
バイクみたいに突き出たスピードとタコの大径メーターが ドライバーのヤル気を駆り立て
締めは 大径ウッドのコーンの深いステアリングが
シリーズ1の可憐さとは別の意味で 男らしく迫ってきます!

e0167799_23203186.jpg

といった アルファロメオ・スパイダーの変遷を 山陰でじっくり眺められるイベントとなりそうなので
現代アルファオーナーや 159 156 147 155 146 145 GTV・スパイダー が好きな方々も
是非 お越しになって オールド・アルファの良さにも触れてみられませんか?

次回は アルファロメオ・スパイダー・シリーズ3 をお伝えする予定です。つづく・・
[PR]
by Eurocar-meet | 2009-02-26 23:47 | 参加予定車輌紹介