米子自動車学校感謝祭に欧州クラシックカーを展示します。


by Eurocar-meet

協賛店 コラボ・サウンド・システム!

今回のイベントで 車イベント・スペースの下見に同行してもらい 車輌配置のレイアウト案やら
前日の 車輌位置決めのテープ貼りやらで 色々とお世話になったのが
つい先月の3月3日にオープンしたばかりの
Collabo Sound System(コラボ・サウンド・システム)」さんです。  
e0167799_7361812.jpg

山陰では数少ない・・ 



カー・オーディオのインストール専門店として
e0167799_7531614.jpg
e0167799_7532699.jpg

米子市の東端である淀江港の目の前に位置し とっても居心地の良い店です。
いつぞやは 漁船に中古のカーオーディオを付けたこともあるとか!

私の愛車トレヴィも オープンした矢先の先月 オーディオ周りの基本である
お店の定番基本メニュー 「電源チューニング」15,000円也を施してもらったところ
オーディオの音質はもちろんのこと 車全体の調子まで良くなりました!

何でも バッテリーのマイナスアースがきちんと落ちてなく
そこを整理し ベストな位置へガツンと落としたとのこと。
代わりに 素人配線で施したアースキットは ものの見事に外されていました(汗)

むやみなパラレル(並列)でのアース増加は
電気が迷走するループ回路を やみくもに増やしてしまうそうで
それよりは キチンと本来の回路に沿った形で その流れに沿った電流の流れる部分を
上手に流してやるような回路の再構築の方が 音にも車の性能にも良いそうです。

詳しい理屈は判りませんが その電源チューニングを施した 私の愛車トレヴィは
エンジンの始動性も良くなり 吹け上がりも軽くなり
何より パーシャルスロットルで軽く足を載せるだけで スムーズに走るようになりました!
深く踏み込まなくても走るので 燃費の向上にも貢献しています。

勿論 音は25年前の純正10cmスピーカーが フロントに2本だけとは思えないほど
音場が上にまとまり 何より小音量でマスキングされにくい
力強くも聴きやすい素直な音に 変貌して帰って来ました!

電源チューニングは 刻々と変化する エンジン回転数や電装系の負荷といった
外的要因に左右されにくい状況を ヘッドユニットやアンプ周辺に作り出してくれるようです。

停まった状態の車で いい音を聴かせてくれるショップは多々ありますが
本来の使用状況である 車を走らせた状態で
助手席や後席の同乗者と会話もできつつ なおかつ音楽も楽しめるという
ある意味 理想で自然な状況でありながら 一番難しい課題に取り組んでおられるショップです。


e0167799_7364384.jpg

米子自動車学校感謝祭の一角を占めた 車イベント
ユーロ・クラシックカー・ミーティング in 米子」会場のコーナー奥に陣取った
この日持ち込んだ ワゴンRとラパンのデモカー2台越しの眺めです。
イベント自体も楽しまれたようで 良かったです。

また 何かありましたら ご協力をよろしくお願いしますね。
[PR]
by Eurocar-meet | 2009-04-15 08:17 | イベント風景